レンタル水

不純物の混ざっていない純粋な水を提供してくれるウォーターサーバーは、ひと昔前まではサーバー自体を買い取らなくてはいけない場合がほとんどで、金額的に見ても気軽に手が出せるとは言い難いものでした。ところが時代も変わり、ウォーターサーバーを扱う業者のほとんどがレンタル制を採用しており、レンタル料も無料だったり、発生しても1000円程度だったりと割安です。気軽にトライできるウォーターサーバーですから普及率もここ数年でアップしてきています。

サーバーのレンタル料が無料と有料なら、無料を選ぼうとするのが当然の流れでしょう。でも実際にレンタル料が無料の場合に、水の料金が割高だというケースもあります。逆にレンタル料が有料でも水の料金が安いことも事実です。長期間に渡ってウォーターサーバーを利用するのであれば、レンタル料が発生しても水の料金が安い業者を選んだ方がお得だという計算になります。

また気を付けたいのが、短期間での解約時に発生する解約手数料です。その期間は業者によって異なりますが通常1年未満です。ということは、申し込みから1年以内に解約する場合には手数料が発生するということです。気になる料金は業者によって幅がありますが、通常1万円以内です。業者によっては1ヶ月に6本以上の水を利用しないとメンテナンス料が課金される仕組みになっているところもあります。ウォーターサーバーを契約される方の中には、不思議にも一本も水を頼まない人もいるようです。そういった対策を兼ねてのことみたいですが、使い始めると定期的に水を注文するのが自然な流れでしょうから、水のノルマについてはあまり気にしなくても大丈夫でしょう。


配達について