軟水はご存じ?

マグネシウムとカルシウムが多く含まれている硬水に対して、マグネシウムとカルシウムが多く含まれていない水は軟水と呼ばれます。日本の水は水道水を含めて軟水が主流です。一方、海外で主流とされるのが硬水です。日本人は軟水で育っているので、硬水を飲むとお腹を壊してしまうこともあるようです。また、薬を服用する際にもミネラル豊富な硬水は不向きです。

水には素材の香りや味を引き立てる効果があります。軟水の方がその効果が高いとされており、緑茶や紅茶を作る際には軟水がお勧めです。軟水でコーヒーを作ると、まろやかさや酸味が強調されやすくなります。一方硬水を使うと苦味が強調されます。どちらが適しているのかは好みによって変わってくるでしょう。

昆布や鰹でダシを取る場合には軟水が適しています。そのため日本の和食料理には軟水が合います。グルタミン酸やイノシン酸といったうまみ成分が抽出されやすくなるのが軟水です。一方、肉料理に軟水を使うと肉の臭みが強くなります。軟水は素材の味を引き出す効果があるのですが、調理法によっては適していない場合もあります。肉料理なら硬水がお勧めです。というのも肉のたんぱく質と硬水に含まれるカルシウムが結合することでアクとなってクセがなくなるからです。

軟水と硬水それぞれの特徴を理解し、場合によって使い分けすると良いでしょう。ウォーターサーバーのミネラルウォーターには大概日本人に適した軟水が用いられています。同じ軟水でも硬度に若干の差はありますから、硬度の低い水を取り入れたいとおっしゃるのであれば、超軟水を取り扱っている業者を選ぶと良いでしょう。


水販売とは?